Acronis Cyber Protectionエージェントのリリースノート

概要

今回のアップデートでは、 Acronisのクラウドソリューションの機能が強化され、前のリリースで見つかった問題が修正されています。

バージョン12.5.23094

新機能

修正済みの問題

バージョン12.5.22750

新機能

修正済みの問題

サイバープロテクション

インストール

バックアップと復元

macOS

バージョン12.5.22530

新機能

Acronisサイバープロテクションモニターが、リアルタイムでウイルス対策保護ステータスを表示できるように拡張されました。

修正済みの問題

各種パフォーマンスと安定性の向上および修正。

バージョン12.5.22390

修正済みの問題

バージョン12.5.22210

新機能

サイバープロテクションのWindowsエージェントは、Zoom、Webex、およびMicrosoft Teamsの包括的な自己防御に対応しました。

自己防御機能を有効にするには、エージェントをアップデートして、保護計画で「Active Protection」機能が有効になっていることを確認します。

修正済みの問題

各種パフォーマンスと安定性の向上および修正。

バージョン 12.5.21780

新機能

Windows用Cyber Protectionエージェントは、事前にMicrosoft Visual C++ランタイムを手動でインストールして再起動する必要なく、ライブアップデートをサポートするようになりました。

修正済みの問題

共通

バックアップと復元

MacOS

仮想環境

バージョン12.5.15300

修正済みの問題

バージョン12.5.14800

バージョン12.5.14730

修正済みの問題

バージョン12.5.12960

修正済みの問題

バージョン12.5.12530

修正済みの問題

バージョン12.5.12420

修正済みの問題

バージョン12.5.12210

修正済みの問題

バージョン12.5.12110

修正済みの問題

バージョン12.5.10790

修正済みの問題

バージョン12.5.10330

修正済みの問題

バージョン12.5.10170

修正済みの問題

バージョン12.5.9940

修正済みの問題

バージョン12.0.4670

修正済みの問題

バージョン12.0.4560

修正済みの問題

バージョン12.0.4500

修正済みの問題

バージョン12.0.4499

修正済みの問題

バージョン12.0.4496

修正済みの問題

このセクションでは、今回のアップデートで修正済みの問題について説明します。

既知の問題

このセクションでは、現在までに把握されている製品の問題および可能な場合はその回避策について説明します。

Build Path - Where the CHM file is located